何のためのデザイン?

先日、あるWeb関係の有料テンプレートを使用する機会があったのですが、このテンプレートでは一部箇所で「英字表記が全て大文字に自動変換される」デザインになっていました。

abcde → ABCDE
Abcde → ABCDE
AbcdE → ABCDE

これを制作されたデザイナーさんは何らかの意味や意図を持ってこの様なデザインにしたのでしょうが、私にはその必要性が理解できなかったどころか、本来の表記通り小文字としたいにも関わらず大文字に変換されてしまい、目的を果たせないこととなってしまいました。

誤解されやすいのですが、「デザイン=見た目(キレイ、カッコイイ…)」ではありません。デザインは「ある目的を果たすために、何らかの意味や意図を持って表現するもの」であり、見た目はそれを実現する方法の一つに過ぎません。今回のテンプレートは、(私にとっては)目的を果たせずにむしろ阻害されたので、デザインとしては失格と言わざるをえません。

「全て大文字で表記したい」ということであれば、ユーザー側が大文字で入力すれば済む話です。人の感性や感覚といったアナログ的な要素は、自動化にはそぐわない場合があります。今回はその典型例と言えるでしょう。無料テンプレートなら仕方ないと諦めがつきますが、有料で販売する以上は、ユーザーのニーズを想定しある程度汎用的な仕様にすべきです。

Webの技術面を知っていれば、この大文字自動変換はCSS(text-transform:uppercase)で行っているということがわかりますので、これを無効にすれば解決します。しかし、今回のテンプレートではCSSの編集が有料なのです…。厳しい言い方をすれば「余計なお節介をしているのに、そのお節介を外すのは金払えだなんて(怒)」ということです。

もちろん、デザイナーの端くれである私にもブーメランになりますので、自戒を込めて…